会社四季報ONLINE 利用ガイド

スクリーニング項目名「売上高-1(億円)」「営業利益-0(億円)」の「-1」「-0」の数字の意味は?

売上高(億円)などスクリーニング項目名の右側の「-1」などの数字は、相対決算期を表しています。
「売上高-0(億円)」は直近に終了した前期本決算、
「売上高-1(億円)」は2期前本決算、
「売上高-2(億円)」は3期前本決算
「売上高-3(億円)」は4期前本決算、


「売上高-9(億円)」は10期前本決算となります。

本決算短信の発表があった当日深夜のデータ更新で、その短信の売上高が「売上高-0(億円)」にセットされます。

+1は今期本決算予想を、
+2は来期本決算予想を表します。

「0→1」でしたら、前期本決算と今期本決算予想の比較を意味しています。

スクリーニング項目一覧の冒頭の説明や各項目の説明をご参照ください。
(上記一覧表のスクリーニング項目名をクリックすると説明ページに遷移します)